この記事は……。

  • ヘアパーフェクターウィズケラナットTMの単品購入を考えている
  • 髪にハリやコシがない
  • 髪をふっくらさせたい!

こんなことを考えている人にオススメの記事です。

 

美しい髪にする女性のサプリ「ヘアパーフェクターウィズケラナットTM」

100%植物由来!服用する美容サプリ!
「ヘアパーフェクターウィズケラナット」です。
古来より有益素材と評判が良かった【キビ】にスポットライトを当て、
その原料を『髪に生かせるようにレベルアップさせたサプリメント』になっています。
服用することで髪にハリやコシ、ボリュームを誘引してくれます。

 

さらには今なら期間限定で40%オフのキャンペーン価格!(送料無料)
↓のリンクより公式サイトから確認できます!

 

【メリット紹介】ヘアパーフェクターウィズケラナットTM

ケラナットは、ハリ・コシ・ボリュームを回復する!

キビは古くから各国でも評価の高い育毛成分として人気です。
具体的にいうと『ミリアシン』『リポウィート』という成分が
女性の毛髪サイクルを促してハリのある髪をサポートし、髪を育て強く生えて来ます。
これを体内に取り込むことで美しく、ハリやコシのある髪へと導きます。

 

無添加・植物由来のサプリメント

希少な成分を糸目をつけずにブレンドし、 無添加・天然成分に拘り抜いています。

 

カプセルも希少な植物由来

メジャーなサプリメントではカプセル(膜)が動物由来のものを使用している傾向にあるのですが、
ケラナットTMはカプセルまで植物由来と拘りを持っています。
そのため不要なアレルギーの心配もないです。

 

古くから信頼のあるお店が開発

300年以上もの間フランスで美容の有効成分を研究開発している老舗天然香料会社が開発!
特許も取得済み

 

国内GMP認定工場で製造

妥協しないクオリティコントロールの元で開発しており※GMPを認定しています。
( Good Manufacturing Practice の略。「適正製造規範」のことを言います。GMPが認定された工場は原料の受入れから最終製品の出荷に至るまでの全工程において、「適正な製造管理と品質管理」ができているとされます)

 

購入方法:「ヘアパーフェクターウィズケラナット」

現在お得なキャンペーン価格となっています!
こちらをクリックすると公式サイトにジャンプします↓↓

 

女の髪は命

髪の毛は何もしないとスカスカになっていき最後には地肌まで見えてしまいます。
髪は女の命。
髪の毛が少ないと気分も落ち込み、
人に見せるのが恥ずかしくなって外出するのもためらってしまうこともあるでしょう。
しかし、髪に嬉しい成分を【定期的】に取っている人はそうはなりません。
「ヘアパーフェクターウィズケラナットTM」は髪にハリ・コシ・ツヤ・ボリュームをもたらしてくれます。
幸いにも今は期間限定のキャンペーン価格です。
美しい「ボリュームとハリのある髪」にしたいなら今から行動すること強くオススメします。

 


 

  脱毛の原因・誘因となる要素

精神的なアンバランス

 

 自律神経は私たちの意思に関係なく働いている神経で、その中枢はホルモンの場合と同じく間脳の視し床しょう下か部ぶというところにあり、ここから出た神経細胞は交感神経と副交感神経となって、内臓のいろいろな器官や分泌腺などに分布しています。

 

 交感神経が刺激されると、皮膚からはエネルギーが発散されて身体の活動が活発になり、発汗の促進、立りつ毛もう筋きんの収縮、血管の収縮などが起こり、副交感神経が刺激されると、この反対の状態になってエネルギーが蓄積されるようになり、身体の修復や疲労の回復がもたらされます。

 

 イライラや心配事が多いと、ストレスにより皮脂腺の働きが活発になり、皮脂の分泌が増加したり、自律神経が正常に作用しなくなったりしてきます。すると、ストレスに対抗するためにカテコラミンという物質が分泌され、血管が収縮しやすくなります。また交感神経の緊張から胃腸障害を起こすようになり、栄養の不足などから脱毛が多くなってきます。

 

 交感神経と副交感神経はまったく逆の作用を持っていて、これらの神経系がその時々に応じてクルマのアクセルとブレーキの役目をして、順調な生命活動をもたらしています。しかしストレス状態が過度に長く続くと、交感神経のみが働いたり、バランスが崩れて両方が働いたり、あるいは働かなくなったりして自律機能の失調が起こり、様々な身体の不調を来きたすことがあります。

 

 このような自律神経のアンバランスが引き金となって起こった症状を、「自律神経失調症」と呼びます。特に「円形脱毛症」などは、病因としては自己免疫説が有力ですが、精神的因子の関与による自律神経機能の異常も発症の一因と考えられています。ですから皮膚科だけでなく、神経科や心療内科などを受診してみることが必要になる場合もあります。

 

 歯の?み合わせの異常が原因の自律神経失調でも脱毛が起こることが、動物実験から報告されています。そこで歯科で?み合わせをチェックしてもらうことが必要になる場合もあります。

 

C健康上の問題

 

 胃腸の消化吸収をよくしておくことが大切です。また、肩こりは結果的に頭皮への血行を悪くするので、早めにマッサージなどでほぐしておくようにしましょう。円形脱毛症などの場合は、ひどい肩こりになることがあります。

 

 

D間違った手入れ

 

 ヘアケアやスタイリングでは、シャンプー剤やリンス剤、整髪剤、パーマ剤、染毛剤などの成分が頭皮に残ると皮膚を刺激することがあります。

 

 肌質に合っていない合成界面活性剤や殺菌剤などが多量に含まれているシャンプー剤の使用や、すすぎが不十分などの場合にも抜け毛が増えることがあります(シャンプーについて詳しくは第2章参照)。

 

 また、ブラッシングの際に発生する静電気や、ポニーテールや日本髪など髪を引っ張るスタイルによって、毛乳頭組織周辺に軽い炎症が起こります。その積み重ねで組織の老化が早まり、牽けん引いん性の脱毛が起こることがあります。

 

 その他、パーマ剤や染毛剤などに含まれるチオグリコール酸やジアミン、アルカリなどが付着すると、皮膚や髪が荒れたり、脱毛や断毛の原因となることもあります。そこで、パーマも毛染めもなるべく地肌につけないようにし、終わったらよくすすがなければなりません。ヘアトリートメントなどによるアフターケアも大切です。

 

 ナイロンブラシで乾いた髪をブラッシングすると、毛髪の表面には(+)の電気が帯電します。この電気は毛もう幹かんを通り、皮膚の内部の毛根を通って毛乳頭に達すると、その部分の電気は()のため、ショートします。そのため毛髪と毛乳頭との間に細かな気泡が発生し、毛球は萎い縮しゅくしてしまいます。この時に発生している静電気は、実に1万ボルト以上にもなっています。少しくらいの気泡であれば、時間の経過で消えますが、ブラッシングを頻繁に行うと、髪は毛乳頭から浮き上がり、ついには乳頭?はく離りを起こし、細胞は角化して固着力を失い、脱毛してしまいます。

 

 髪に水やヘアクリームをつけるか、ブラシを水で濡らしてから行えばよいのですが、濡れているとスタイリングはやりにくくなってしまいます。帯電防止剤などを使用すれば、静電気を防止することができます。また、頭皮のケア用としては、木製、竹製などのクッションブラシが、頭皮を荒らさず静電気の発生も少なくお勧めです。

 

1342万人男性が気にする脱毛症

 

 毛髪相談をやっていて比較的多く相談される脱毛症のタイプについて、詳しく解説することにしましょう。

 

 まず初めは成人男性に典型的に見られる「男性型脱毛症」です。現在日本人の成人男性で薄毛を認識している人は、およそ1342万人と言われています(2007年調査)。額の両サイドが薄くハゲてくる、いわゆるM字の脱毛(正式にはH型)や、頭頂部から薄くなるザビエル型(正式にはC型)などの男性型脱毛症には主に遺伝と男性ホルモンが関与しています。

 

 

頭部のツボを押す以前に大切な「温める場所」

 

髪の健康維持に有効な頭のツボは、百会・天柱・風池とよく言われていますが、ツボ押しする前に足元から首までをしっかり温めておきます。

 

体の冷えがあるとき温める場所は頸動脈です。だんだんと血の巡りが良くなってくるのを感じられるはずです。そして、前述した首の付け根の突起部周辺を温めるのです。

 

これらをおこなって、その後に百会・天柱・風池のツボ押しをします。体の冷えを感じている時は、風池にドライヤーの温風などを当てておくと良いです。

 

中医学では「冷えは頸椎にある風池から入ってくる」という考え方があるので、風池にドライヤーの温風を当ててからツボを押すのが効果的です。

 

・首を温めるいちばん良い方法

 

首の温め方については色々な方法がありますが、効率良く行なうには少し工夫が必要になります。手っ取り早く行なうなら、濡らしたタオルをレンジで温めて首に巻く方法があります。

 

しかし、この方法では蒸しタオルはすぐに冷めてしまいますね。そんな時は電気あんかを使って首もとに巻くのも良い方法だと思います。

 

そのような電気機器を避けたいという人の場合は「使い捨てカイロ」を使ってみてください。その際に用意するのはU字の便座カバー。

 

カイロを直接、肌に当てるのは良くないので、カバーの中にカイロを入れて首に巻きます。巻き方次第で便座カバーには見えませんし、家の中なので見た目の問題はないかと思います。

 

頭皮マッサージをストレッチとして実践する

 

私は頭皮マッサージを真面目にしたことがありません。頭皮マッサージは継続しないと効果はないといいます。なら、一生続けないといけないのか・・・?そう考えると億劫になるのです。

 

ですから、私の場合は頭皮マッサージというよりも、頭皮の筋トレと同時進行させるストレッチ、として実践しています。

 

どんな部分の筋トレにも、その後のストレッチが大切と言いますが、頭皮の場合もストレッチを行なって筋肉をほぐすことをやった方が良いと思います。

 

・血行が非常に良くなるので首→耳→頭皮の順番は必ず

 

マッサージではなくストレッチという考え方なので、凝り固まった筋肉をほぐすイメージで行なっていきます。

 

やり方は、耳の上から両手で頭を包む様に天頂部に向かって頭皮を揉み伸ばしていく感じです。また、このストレッチを行なう前にやっておきたいのが、前述した「首を温めること」です。

 

これは、首→耳→頭皮の流れで進めると血行が非常に良くなる、というのが狙いです。

 

血行不良で頭皮が凝っているなかで、髪の毛に栄養を送りたいという場合、いきなり頭皮マッサージやストレッチしてもダメなのです。心臓に近い部分から上に上に血流を促すことが必要となります。

 

私の場合、それらを行なう前に足・下半身を温めるようにしています。"第二の心臓"とされる足から温めることで全身の血の巡りが良くなり、頭部への血流も促されやすくなります。

 

ここまですると、頭皮マッサージやストレッチの効果が確実に感じられるようになります。これについては、筆者の電子書籍「体を温めて代謝を高めると髪も体も若返った」でも詳しくとりあげております。

 

第四章. 頭部のツボ押し

 

@髪を生やす為に知っておきたい「完骨」のツボ押しと血流促進効果

 

ここまで述べてきたように、私は頭皮マッサージしない派です。あまり必要ではないとも言いました。頭皮マッサージを続けている人からみると「必要だろ!」と怒られそうですが、いつも仕事でやっている私としては、気持ち良さ以外にメリットがあるのか?と考えてしまうわけです。

 

抜け毛予防・髪を育てるという目的を明確にしたサービスをしたい。そう思った私は「完骨」のツボ押しを、私自身、そしてに施すようになりました。

 

・頭皮マッサージよりもツボを押す方が効果的

 

への頭皮マッサージは、シャンプー後のサービスとして毎回必ずやっています。気持ち良いと喜ばれつつも、頭皮マッサージは本当に必要なのかと、ずっと疑問に思っていたわけです。

 

その時だけ丁寧に揉み込んでも得られるのは気持ち良さだけで、発毛が促されるなんてことは無いのです。

 

そんな私が考えたのは、意味のない頭皮マッサージをするより、確実に効果がある「完骨」のツボ押しをやっていくということです。私自身の頭皮の筋トレ、ストレッチと同時に行なうことで、将来性のある楽しみなツボ押しになっています。

 

その「完骨」のツボ押しについて、髪への効果など以下で説明したいと思います。

 

A頭部の血流が活発になる「完骨」のツボの押し方

 

髪を生やしたり、ハゲの予防に効く頭のツボは、百会・天柱・風池と言われています。私の場合は、それらに加えてさらに「完骨」のツボを押しています。

 

「完骨」とは耳の横の生え際近くにある窪んだ部分。ここのツボを丁寧に押していると、頭部の血流がだんだん活発になってくるのが感じられます。やり方は以下の流れで行ないます。

 

@ 親指で下から押し上げるように押す。少し痛く気持ち良い感じで。

 

A 5秒押して5秒離す。緊張と緩和のイメージで、ここがもっとも大切。

 

B 以上のことを繰り返して5〜6回おこなう。

 

これをやると頭が軽くなって、とてもスッキリするのが分かると思います。

 

これは完骨のツボの刺激によって、頭や顔周りの血流が活発になるからだとされています。脳の幸せホルモン「セロトニン」の分泌が安定するとも言われていますね。セロトニンがあることでメラトニンが作られますが、強く抜けない髪の毛を育てる為には、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が必要となります。

 

髪の毛が育つ時間帯(およそ22時〜4時)に質の良い睡眠をとること。その為にも完骨のツボを押すことは有効だと感じています。髪を育てるための睡眠、と考えたとき、セロトニンの分泌はとても大切だと言って良いでしょう。

 

例えば、お昼に仕事で疲れたら完骨のツボを押します。そうすると夜にメラトニンが多く分泌されてグッスリと眠れる。その結果、体〜頭皮への血液循環が良くなって、毛乳頭細胞の働きが活発になり強い髪の毛が生えてくるのです。

 

 


更新履歴